<< かゆいところは何処ですか? 紅葉よりも・・ >>

部品みがき

d0163154_1945960.jpg

「ぶれない(骨太に自分を耕す方法)」(平山郁夫著)を読みました。

がんばって努力しても成果は上がらず、試行錯誤をし、求めれば求めるほど、遠くなってしまう。
そんな時は、自分の持っている部品をみがいているのだと考えればよいと著者は記す。

でも、最後のひとみがきという段階になってあきらめてしまうことがなんと多いことかとも記します。
そんなときは、自分の立ち位置も考えて部品みがきに精を出すことも大事だと諭します。

日本画家の著者の言葉は、テレビ以外では知ることがなかったのですが、人としても大きな人だったのだなあと再認識させられました。
[PR]
by masagorotabi | 2010-11-24 20:05 | 落描き | Comments(0)
<< かゆいところは何処ですか? 紅葉よりも・・ >>