<< 愉しい時間 てんとう虫 >>

お多福

d0163154_19321072.jpg


七という数字は、多いという意味が含まれているという内容の文章を読んだことがあります。
(多いといえば、百という数もそういう意味が含まれていると思うのですが・・)

七福神、七草がゆ、にも七が使われていますが、八百万の神の国なのに七福では少なすぎますね。
七という数字を多いと解釈すれば、納得がいきます。

なにが書きたいかというと、日本では大きな幸せよりも多くの幸せに趣をおいていたのではないかと思ったからです。
僕らは大きな(個人の)幸せを追い求めてしまいがちだけど、多くの(他者の)幸せを求めてた方がいいのではないかと、その方が日本人らしいと考えたのでありました。
[PR]
by masagorotabi | 2011-05-11 19:32 | 雑想 | Comments(0)
<< 愉しい時間 てんとう虫 >>