<< 裏返す 謹賀新年 >>

日記

webで注文、書店受け取りで「音のない世界(ろうあの写真家 井上孝治)」(黒岩比佐子著)を買ってくる。

最近は、本棚にある本を引っ張り出して、パラパラと読み返すことがある。
「事実とは何か」(本多勝一著)の中に、客観的事実は意味をなざず、主観的事実のみが意味を成す、そんな内容のことが書かれてあったと思う。

では、事実とは何か?
「ジャーナリストは、支配される側に立つ主観的事実をえぐり出すこと、極論すれば、ほとんどそれのみが本来の仕事だといえるのかもしれません」(本文より)

つまり、原発事故にたとえると、加害者側からは事実など報道されないということなのだろうか。
ジャーナリズムの精神が、問われているのかもしれない。
[PR]
by masagorotabi | 2012-01-07 19:42 | 日記 | Comments(0)
<< 裏返す 謹賀新年 >>