<< あの頃は夢があった 落書き >>

落書き

d0163154_2034496.jpg


三島由紀夫は太宰治本人の前で、あなたのことを嫌いです、と言ったのは有名な話ですが、それは近親憎悪の現れではないか、といった内容の文章がありました。

劣等感、自分と似た感性、そういったものが相手を嫌いにさせるということなのだろうか。

三島由紀夫は漫画も多数読んでいて、赤塚先生の「もうれつア太郎」は褒めていて、手塚先生の「火の鳥」には厳しい評価をしていたと思いますが、人の思惑というのは、どう読み解いたらいいのだろうか、と僕などは思ってしまいます。
[PR]
by masagorotabi | 2012-04-24 20:11 | 落描き | Comments(0)
<< あの頃は夢があった 落書き >>