<< 手紙 トカゲとフウセンカズラ >>

暑いが

今日くらいの温度、湿度であれば、それほど悶える暑さは感じることはありません。
やはり、夜、自転車で走っていることが効いているのかもしれません。

しかし、暑いものは暑いので、大きなバケツに水を入れ、足を突っ込んで本を読んだりしています。
「イワナの夏」(湯川豊著)を本棚から選び、気を引きそうなタイトルの随筆を選び。読み始める。

やはり、面白い本で、以前に読んだのは10年位前だったろうか。

渓流釣りは、ここ何年も行っていないけど、釣り竿から放たれる一投目のドキドキした感覚が忘れられない。
夏の暑さから逃げるかのように、深山幽谷へ迷い込む、逃げ道は迷い道、そんな生き方も悪くない。
[PR]
by masagorotabi | 2012-07-16 21:41 | 日記 | Comments(0)
<< 手紙 トカゲとフウセンカズラ >>