<< 美 メロン >>

イヤダカラ、イヤダ

d0163154_20111430.jpg


内田百閒の有名な言葉ですが、生活の中にはこれといった理由もなく、嫌なものは嫌なものがあるものです。

よくテレビドラマなどで、娘に「お父さん臭い」と言われる場面がありますが、あれは遺伝子的にそうになるそうです。
自分に近い遺伝子よりも遠い遺伝子を求めるそうで、もやは理屈ではないですね。

自然淘汰の単位は遺伝子だそうですから、僕らは遺伝子によって左右されている。
でも、遺伝子に負けない心を持っていたいので、反発心もあったりします。

「イヤダカラ、イヤダけど、人間には一歩を踏み出す勇気というものを持っている」と思いたい。
[PR]
by masagorotabi | 2012-08-29 20:23 | 落描き | Comments(0)
<< 美 メロン >>