<< 宝物探し 美 >>

ビーダーマイヤー

d0163154_20481519.jpg


「大正幻影」(川本三郎著)という本を読みはじめています。
昔買った本なのですが、ほとんど読むことなく本棚に飾ってあったものです。

「ビーダーマイヤーのささやき」という章があり、ビーダーマイヤーという言葉は、初めて知ったような気がします。

ビーダーマイヤーという言葉は、詩人のルートヴィヒ・アイヒロットが発表した詩の中に出てくる、小市民の典型というべき田舎教師の名前からきているそうです。
意味としては、外で戦争や革命が起ころうが、我関せずとして好きな調度品と家具に囲まれて暮らしていたいと、そういった思想だそうです。

大正時代に活躍した佐藤春夫という作家は、このビーダーマイヤーのささやきの作家なのではないかと著者は記します。
僕はまだこの方の作品は読んだことがないのですが、今度読んでみようと思います。

先日書いた「民藝運動」は、大正から昭和にかけて行われましたが、これもビーダーマイヤーのささやきから来ているのかなあと思いました。

ビーダーマイヤー・・ちょっと興味深いですね。
絵は佐藤春夫を描いてみました。
[PR]
by masagorotabi | 2012-09-04 21:05 | 落描き | Comments(0)
<< 宝物探し 美 >>