<< ミョーガ 宝物探し >>

コーヒースプーンとカレースプーン

d0163154_2033795.jpg


里衣工房で作られたスプーンです。
鍛金といって、アルミ合金を叩いて作られたものです。
使う度に、愛着が湧くと思います。

たまたまゲーテに関する本を読んでいたのですが、ゲーテの言葉に「有用なものから本物を経て、美にいたれ」というのがあるそうです。
一緒に、ウイリアム・モリスという人が紹介されていて、その人の考えは、「有用と思わないもの、美しいと思わないものは家に置くべきではない」だそうです。
この方の思想は、社会の最大の課題は「美しい人間」を作ることだといいます。

このスプーンには、ここで作られたという刻印が記されています。
誰しも名前があるわけですが、その大切な名前をこうして刻むというのは、生まれてきた証ともいえるのではないでしょうか。

職業として、そのように就けなかったとしても、他人の心の中に自分の人の刻印あったなら、それもまた生きてきた証だと言えます。
ただ、自分で他人の心の中に勝手に刻印を押すことはできませんが・・
[PR]
by masagorotabi | 2012-09-26 20:50 | 雑想 | Comments(0)
<< ミョーガ 宝物探し >>