<< サンタ 3 サンタ 2 >>

旅バクダン

「水曜日の神さま」(角田光代著)を読む

著者自身がバックパッカーとして旅したエッセイなども収録されています。

「必要なものはほんの少し」という一文では、七つ道具さえあれば東京でも生きていける、と結ばれています。
少ない荷物で旅した経験のある人ならば、普段の生活がいかに荷物に溢れているか嘆くこともあるでしょう。

旅には高揚感があって、それが全てを網羅してしまう力がある。
普段の生活の中で、そういったものを持ち得ることはなかなか難しい。

旅爆弾とうものがあって、普段の生活の中に放り込んであげることができれば、僕たちの生活は輝き出すだろう。
旅には、そういった力もあると思う。
[PR]
by masagorotabi | 2012-12-07 20:59 | 読書日記 | Comments(0)
<< サンタ 3 サンタ 2 >>