<< ドストエスフキー氏 サンタ 9 >>

常識人とは

「ひとりでは生きられないのも芸のうち」(内田樹著)を読む

若い人向けに書かれた本で、5人の内の1人の常識的な人間になって下さいと前書きに記されています。

僕は「ふつうでしょ?」「そんなの普通だよ」「ふつうの人」という会話には違和感を持っていて、なぜそのように思っていたのかが分かりました。
常識人が「ふつう」という言葉を使っていても何とも思わないのに、非常識な人が「ふつう」という言葉を言い回す時には、緊張を強いられます。
それだけ非常識が、まかり通った世の中なのかもしれません。

知性とは、他者に言われる前に自分の欠点を自分自身で補正できること、といった内容のことが書かれてもありました。
なるほどと思います。
常識人にならないといけないなあ。
[PR]
by masagorotabi | 2012-12-20 21:33 | 読書日記 | Comments(0)
<< ドストエスフキー氏 サンタ 9 >>