<< 自分で考えるを考える サンタ 10 >>

努力と才能

ある女性のエッセイを読んでいたら、才能とはという一文があり、顔の手入れをする女性の姿が書かれてありました。
毎日、自分を磨くため、寝る前に平然と習慣のように同じ動作をする。
面倒がらずに、そのことを続ける行為こそを才能と締めくくっていました。

僕らは、一つの行為を持続させることは稀です。
飽きるということも、成長の過程と考えると、それもまた生き方の一つだと思います。

でも、続けないと到達できない地点というのも存在するので、なにげないことの連続でも、大きな実を結ぶことも多分にあるのも事実だと思う。

長く続けてこれたことを才能と呼び、その歩んできた足跡を努力という、そんな風に思うのだ。
[PR]
by masagorotabi | 2012-12-25 19:11 | 雑想 | Comments(0)
<< 自分で考えるを考える サンタ 10 >>