<< サンタ 11 自分で考えるを考える >>

クロッキーブックで森を築く

d0163154_20125229.jpg


野呂邦暢の随筆を読んでいたら、クロッキーブックのことが書かれてありました。

作品を作る時には、このクロッキーブックの1ページにアイデアを書き込むそうです。
まず中央に題名を書き、思いついたフレーズ、登場人物の癖、セリフ、表情、舞台となる街の地図、アパートの見取り図なども記すそうです。(ただし、あらすじは書かない)

僕は、クロッキーブックには落書きの絵をを描き込みますが、上記のような扱い方はしませんね。
でも、真似てみたい使い方だと思います。

物語を作るということは、森を作る行為に似ていると僕は感じています。
だから暖かく、新鮮で、心地よいものであると思うんですね。

そんな森を築いていきたいと思います。
[PR]
by masagorotabi | 2012-12-28 20:37 | 日記 | Comments(0)
<< サンタ 11 自分で考えるを考える >>