<< ボールペン3 落描き >>

寺田寅彦

d0163154_20155332.jpg


「自分の欠点を相当知っている人はあるが、自分の本当の美点を知っている人はめったにいないようである。欠点は自覚することによって改善されるが、美点は自覚することによってそこなわれうしなわれるせいではないかと思われる」(寺田寅彦著 柿の種より)

たまに寝る時に寺田寅彦の随筆、谷崎潤一郎著『細雪』を適当に開いて読んでいます。
上記の随筆もその時に読んだのですが、科学的視点の文学的思考とゆうべき文章かなと思いました。

「自分の本当の美点」を「幸福」に置き換えてもいいと思うのですが、本当に大事なものは、シャボン玉のようにつかみ所のない、それでいて消えてしまうようなものなのかもしれません。
[PR]
by masagorotabi | 2013-01-06 20:28 | 落描き | Comments(0)
<< ボールペン3 落描き >>