<< 落書き ニスを塗る >>

あのころ

d0163154_1952565.jpg


「わが師わが友」(山口瞳著)を読む

伊丹十三著の「ヨーロッパ退屈日記」(昭和40年刊)に著者の一文が載せてあります。
「私はこの本が中学生、高校生に読まれることを希望する。汚れてしまった大人たちではもう遅いのである」

「わが師わが友」の中に「ひとつの青春」というエッセイがあります。
著者がサントリーの宣伝部にいたあの頃のことが綴られてありますが、最後の一文を記してみます。

「数え齢50歳になった私が、いま、若い宣伝部員に偉そうに苦言を呈するならば「脳ミソがカラカラになるまで知恵を絞ってみろ。そのうえで体当たりで冒険をしてみろ」ということに尽きる。
 あのころは、しかし、仕事がやり易かった。楽しかった。あのころは、しかし、いかにも金がなかった。今は贅沢である。いまの私は贅沢である。しかし、その贅沢の、なんと孤独で貧しいことか」(本分より)

著者の本もまた、若い人に読んで欲しいと思います。
あのころを、今、作って欲しいと願います。
絵は、伊丹十三氏(似ていない)
[PR]
by masagorotabi | 2013-01-18 19:24 | 読書日記 | Comments(0)
<< 落書き ニスを塗る >>