<< 夏子の酒 坂田安吾氏 >>

走れ!

d0163154_20144399.jpg


村上龍さんの小説に「走れ!タカハシ」というのがあります。
タカハシというのは、元広島カープの高橋慶彦選手を指しているのですが、この小説には登場人物としては出てはこないと思います。(読んだことがありませんので)
たぶん、広島カープを取り巻く市井の人々の物語だと思われます。

題名が秀逸だなあと思うのですが、走れ!という言葉に妙に魅かれます。
人の行動は慣性に支配させるということがあり(たとえば掃除をし始めたら終わらない)、良くも悪くも環境が行動というものを左右するのであろう。

その悪い環境から抜け出したい時に、人は走り盗塁を決め、かっこよく泥のついたズボンを叩く。
ガッツポーズで決めたいところだが、あえて平然と構え、あらためてリードをとり、投手の癖を見抜き次の塁を攻める。
時には、ワイルドピッチで棚からぼたもちで進むこともあるだろうが、そんな時は、自らのプレッシャーが相手に影響を与え、手元を狂わせたのだろうと自画自賛する。(したっていいじゃないか!)

走れ!走れ!!
[PR]
by masagorotabi | 2013-02-27 20:34 | 落描き | Comments(0)
<< 夏子の酒 坂田安吾氏 >>