<< 落書き 江戸っ子13 >>

江戸っ子14

d0163154_19473322.jpg


 「日本の近・現代社会は、日本と比べても欧米社会と比べても、明らかに異常な横並び主義だ。
 珍しい人、個性的な人、変った人が、目障りでしょうがない社会なのである。男性に求められるのは背広にネクタイ、女性社員はなぜか大人になっても制服を着せられる。着物など、、生活に入る余地もない。私もそのような空気のところでは、人目の居心地が悪くて、着物を着られない」
(「大江戸生活体験事情」(石川英輔、田中優子著))より

世間というものなのかもしれません。
ただし、世間は悪というものではなく、いい世間も悪い世間もあるのだと思います。

よいものだけを選択して生活をしていけばいいのだろうけど、そういう教育も想像力もなくては、始まりません。

ちょっと変った仕草をした人をみたら、「粋だねえ」とおだてたり、なにかにつけても気っ風がよかったり、他者への思いやりがあるのが江戸っ子という気風でしょ!

空気を読め、なんて言葉もあるけど、どんな空気も食べてしまうのが、江戸っ子ってもんだろうよ!
[PR]
by masagorotabi | 2013-05-18 20:08 | 落描き | Comments(0)
<< 落書き 江戸っ子13 >>