<< 万年筆 落書き >>

大河内教授 4

d0163154_20405954.jpg


『「型は美しい模倣」とは、白洲正子の能に対する言葉だが、能に限らず多くの事象に当てはまる。
 この対極にあるのが、パクリという言葉だが、なにをもってパクリなのかを我々は考えなければなるまい。

 たとえば、物まねをしたとする。
 その物まねは、芸なのかパクリなのかという議論が持ち上がる。

 物まねされた側が型として成立するのであれば、それは美しい模倣となり、我々を魅了する。
 美しい模倣は、生活の中にあればあるほど、豊かにしてくれるものであろう』
[PR]
by masagorotabi | 2013-07-04 20:42 | 落描き | Comments(0)
<< 万年筆 落書き >>