<< 落書き 落書き >>

本気と責任

「青い鳥」という映画を観ました。
これで2度目ですが、やはりいい映画だと感じます。

前にも紹介しましたけど、阿部寛さん演じる臨時の教師が、イジメで自殺未遂を起こしたクラスにやってきます。
イジメられた生徒は、他校に転校してしまった後のお話ですが、そのクラスにある刺を抜く役割が、その先生です。

「人が本気で話している時は、本気で聞かなければならない」
「犯してしまった罪は、責任を持って背負わなければならない」
というようなセリフ(不確か)が心に残ります。
イジメに加担した生徒同士が「生きていてくれてよかった」と話すシーンには、命の尊さを感じます。

自分は、本気生きているか、本気で責任を背負っているか、そんなことを考えさせられました。
[PR]
by masagorotabi | 2013-09-14 21:48 | 雑想 | Comments(0)
<< 落書き 落書き >>