<< 虚夢 雪虫 >>

ときめき

「王貞治に学ぶ日本人の生き方」(斉藤孝著)を読む

お金が大事か、愛が大事かという質問がありますが、これは、必要最小限の生活するお金があった上でないと成り立たないと思っています。

王さんが監督を辞める時の会見で、こんなことを言っているそうです。
「心をときめかせて、68歳になりながら、まだこういう形でやれるというのは、本当に幸せだったと思います。ユニホームを脱いだら、このときめきをどうおこしたらいいのか、見当がつかない」

何度も、ときめきという言葉を使っていたそうですが、一般生活のなかで、このときめきを持続的に感じることは殆どない。
勝負には厳しさがつきものだが、同時に、このときめきも手に入れることができる。

お金が大事か、ときめきが大事か?
[PR]
by masagorotabi | 2013-10-27 22:14 | 読書日記 | Comments(0)
<< 虚夢 雪虫 >>