<< 落書き ときめき >>

虚夢

「虚夢」(薬丸岳著)を読む

通り魔に娘を殺された夫婦。
犯人は、心神喪失として罪に問われず、夫婦は離婚。
その犯人が、住んでいる街で見かけたら、人はどんな行動をするのだろうか。

刑法三十九条。
心神喪失あるいは酩酊状態の時には、罪に問われないという法律。
理不尽までに殺された遺族にとっては、なんとも歯がゆい法である。

物語は、色んな人たちの痛みが交差して進んでいきます。
加害者と被害者、多くの未来が失われていく。

失われた未来から、答えなど見つかるはずもない。
[PR]
by masagorotabi | 2013-10-29 19:50 | 読書日記 | Comments(0)
<< 落書き ときめき >>