<< 落書き 落書き >>

読書日記

「天使のナイフ」 (薬丸岳著)を読む

妻が少年たちに殺され、小さな娘と暮らす主人公。
数年後、少年Bが何者かに殺されます。
少年法、贖罪とは、そんなことが核になって物語は進んでいきます。
難しい問題を、ミステリーという形で表現されていられるので、すんなりと読むことが出来ます。

「ひなた弁当」(山本甲士著)

50歳手前でリストラに合い、ひょんなことでドングリを食べたら意外にも美味しく、自然にあるものから弁当を作って売ることになります。
オイカワ、ブルーギル、マブナ、天然うなぎ、野生に生えている草などを使った弁当ですが、だんだんキラキラと輝いて来る主人公に注目です。
心が温かくなる、そんな物語です。
[PR]
by masagorotabi | 2013-11-14 20:18 | 読書日記 | Comments(0)
<< 落書き 落書き >>