<< 落書き 悪口と騙し >>

電気料金

d0163154_2212953.jpg


10月分の電気料金ですが、冷暖房を使わないせいか、この金額に落ち着きました。
工夫してみるということが好きなので、電気もそれほど使わずにすみました。

「人類滅亡を避ける道」(関野吉晴対談集)を読みました。
吉野さんといえば、真っ先に思い出すのは「グレートジャーニー」ですが、僕もよく見させてもらいました。

欲望が肥大化する現代社会を憂いていて、その社会を変える要素として草食系をあげていらっしゃいます。
欲がない若者たちを指しているのですが、彼等彼女たちに期待を寄せています。

そうなった場合、経済云々という話は必ず出てきますが、際限のない欲望を追うよりも、一旦立ち止まり、思考する方が賢明であるということなのかもしれません。

僕は、こうした世の中には「余」という言葉が大事だなと思っているのですが、それは「もういいじゃないか」ということを自覚するのもであると感じています。

福沢諭吉は、個人が豊かになれば国が豊かになる、国が豊かになれば世界が豊かになる、ただしお金だけを追い求めるのはよくない、と言っていたか書いていたそうですが、豊かになるということを今一度、考えてもいいのではないかと思ったりしています。
[PR]
by masagorotabi | 2013-12-01 22:22 | 読書日記 | Comments(2)
Commented by パープル at 2013-12-03 23:38 x
嘘でしょ!第一声です。と、その前にまささん、こんばんは。手元に我家の電気料金の紙を持ってきました。アンペアが違うと思うのですが基本料金はうちは850円で使用量288です。前に節約する家族のTV観た話、しましたけど私はまだまだですね・・・


Commented by まさ at 2013-12-04 21:03 x
パープルさん、こんばんは。
節電が正しいかどうかは、私には分かりません。
分かっているのは、誰かに押し付けては行けないということなので、個人個人の考えでやっていけばいいと思うのです。
電気を使うといいうことも豊かさの一つですし、ただ、大事に使っていると電気の有り難さが身に染みますね。
<< 落書き 悪口と騙し >>