<< 蜜蜂乱舞 栃木レザーのハギレ >>

推理小説

「りら荘事件」(鮎川哲也著)を読む

川本三郎さんの本を読んでいた時に、この小説が秩父市を舞台になっているのを知り、読んでみました。

推理小説は、殆ど読んだことがないので、頭の中がこんがらがってうまく解けず、なかなかやっかいでした。
1950年台に書かれたものだと思いますが、古さは感じられずに読む進めることができました。

でも、やっぱり推理小説は苦手だなあ。
[PR]
by masagorotabi | 2014-01-19 20:39 | 読書日記 | Comments(0)
<< 蜜蜂乱舞 栃木レザーのハギレ >>