<< ちょこっとレザー 生き残る技術 >>

刑務所の食事

「刑務所の中」(崔洋一監督作品)という、10年以上前に作られた映画があります。
食べるシーンが多く、幸福感を持って食べているのがわかります。
大多数の日本人なら、それほど特別な食べ物ではないと思うはずです。

幸福というものがあるのなら、こういうことかもしれないなあと思ったのですが、つい現実の飽食の中に埋没してしまう自分がいます。

「破獄」(吉村昭著)を読むと、戦中戦後の刑務所の様子が分かります。
1日6合の麦とコメを与えられていたとありましたが、刑務所の食事というのは恵まれていたのだなと思いました。(刑務官よりも恵まれていたという。理由として、不満があって暴動が起こらないようにだったかな)
ただ、野菜不足のため栄養失調で亡くなる人もいたそうですが・・
[PR]
by masagorotabi | 2014-02-25 22:17 | 映画 | Comments(0)
<< ちょこっとレザー 生き残る技術 >>