<< 脚本 古本 >>

140330

昨日の話の続きになりますが、河合隼雄氏の本の中に、田辺聖子さんの逸話が載っていました。

田辺さんが思春期の頃、どうしても万引きをしたくなる気分になったそうです。
お金があるとき程、そのような気分になり、お店にさえも行きたくなくなったそうです。

友だちに自分の作った物語を話すようになり、自然に万引きをしたくなる気分は解消されたそうですが、なんでも吸収したいというそういったことが、万引きに走らせたのではないかとあります。

思春期には色んな心の動揺があり、そうした時期を皆味わって来ているのに関わらず、健康な人程、そういったことを忘れてしまうそうです。
田辺さんのような小説家という感受性を持った人だからこそ、そういった出来事を覚えていたのではと著者は記していますが、万引きという行為を引き起こす原因が、こういったケースもあるということは、悪いことではあるけど、なるほどなと思わせます。

僕は、色んなスタイルの旅行をしてきましたが、それは吸収したい、栄養にしたいという、そんな動機かもしれないと、再認識をさせてもらいました。
[PR]
by masagorotabi | 2014-03-30 22:11 | 日記 | Comments(0)
<< 脚本 古本 >>