<< 落書き 落書き >>

こころ

「サルが食いかけでエサを捨てる理由」(野村潤一郎著)を読む

著者は、植物やクワガタにもこころがあると記します。

私もクワガタを飼っていますが、夜、自転車で仰向けにもがいているクワガタを拾い上げた時に、渾身の力で噛まれたのを思い出しました。
コクワガタやミヤマクワガタの雌でしたが、揃って同じ行動でした。

それ以降はそんなことはなく、本能だけで行動をしているわけではないのです。
世話をしてくれる人間という動物を彼(彼女)らなりに認識してくれているようです。
クワガタを飼うという行為が、いいのか悪いのか自分自身よくわかっていない部分があるけど、小さな生き物でも「こころ」というものが存在しているのだなあと、愛おしさを教えてくれます。
[PR]
by masagorotabi | 2014-06-01 20:36 | 読書日記 | Comments(0)
<< 落書き 落書き >>