<< 落書き 落書き >>

眼からウロコ

「夕陽が眼にしみる」(沢木耕太郎著)の中に、「何でも見てやろう」(小田実著)という本の紹介がありました。

半世紀程前に発売され、ベストセラーになった世界放浪記のバックパッカー本です。
この本から15年後、「地図をつくる旅」という本に次のようなことが書かれてあるそうです。
『眼からウロコが落ちることがなければ、旅に出かけることもない』

沢木耕太郎さんは、この文章を読んでも眼からウロコが落ちることはなく、読むのはもういい、今度は自分が旅にでるのだと、ユーラシア大陸をバスで横断する「深夜特急」という紀行文を書き上げます。

眼からウロコが落ちる、ということが起きてしまえば、人間というのは結構色んなことが出来てしまうのかもしれません。
[PR]
by masagorotabi | 2014-06-08 20:22 | 読書日記 | Comments(0)
<< 落書き 落書き >>