<< 朝活 カマキリ >>

落書き

d0163154_20274480.jpg


「自動車絶望工場」(鎌田慧著)を目を通してみたのですが、あとがきに書かれてあった、かつて期間工として働いたことがある人の「思い出しただけで反吐がでる」という言葉が印象的でした。

著者は、40年以上前に自ら期間工として働いた経験を綴っていますが、現在でも待遇はそれほど変わってはいないという感じがします。

振り返ってみて、あそこで働いてよかったなあと思われる、そんな職場であってほしいと思う。
[PR]
by masagorotabi | 2014-06-23 20:28 | 落描き | Comments(0)
<< 朝活 カマキリ >>