<< 早春スケッチブック ミスティック・リバー >>

豆腐屋の四季

「豆腐屋の四季」(松下竜一著)を読む

昭和44年に発刊された本です。
母親が死んで家業の豆腐屋を父親と共に営んでいたが、家族はバラバラの状態になってしまいます。
ふとしたきっかけで新聞に短歌を送ると、それが新聞に載ることになります。

奥さんと奥さんの母親との出会い、それが自殺をも考えた松下青年が、生き抜くきっかけともなりました。

著者自身のことが語られていて、それは魂の雄叫びのように感じられます。
当時、緒形拳主演でドラマ化され、相米慎二監督が生きていたら映画化もされていたようです。

関連リンク
http://www.asahi.com/travel/traveler/TKY200709220078.html
[PR]
by masagorotabi | 2014-06-27 20:45 | 読書日記 | Comments(0)
<< 早春スケッチブック ミスティック・リバー >>