<< 落書き 路地の教室 >>

落書き

d0163154_20362267.jpg


電子書籍リーダーが欲しいなあと、物色していました。
キンドル、kobo、ソニー、booklive、東芝といった所が電子書店になっています。

wi-fiの接続ができないので、パソコン経由か無料で回線が使えるものという選択肢となりまが、パソコンも動作環境が合わなくなる可能性もあり得るので、無難に回線が使えるものとなりそうです。

そうなるとキンドルかbookliveとなります。
電子書籍の値段もアマゾンとその他では異なり、古い作品になると数百円もの差額となるものまでありますので、値段という面ではキンドルに軍配が上がります。

ですが、bookliveで使われているリーダーは日本製、三省堂とも深い関係があるそうなので、日本の産業を応援したいと考えている私にとっては、このリーダーも捨てがたい。

そもそも電子書籍リーダーが必要なのかと考えてみると、文庫本があるのだからいらないんじゃない?とも思いたくもなります。
ただ、青空文庫の本が無料で読めるというメリットもありますので、さしずめ図書館とまで言わないけれど、それに近い楽しみ方を味わえそうです。

もう少し、考えたいと思います。
[PR]
by masagorotabi | 2014-10-02 20:53 | 落描き | Comments(0)
<< 落書き 路地の教室 >>