<< 閉口健氏 本を買う >>

落書き

d0163154_2172459.jpg


節電という言葉がありますが、私の場合は大切に使っていると考えています。
月々の電気料金なんて少ないですし、これが2倍の料金になってもかまわないと思っています。

それだけ価値あるものだと思い、電気に限らず(ガソリンなども)、有り難いなあと感じて日々の暮らしをおくっています。(東電の社風は好きではありませんんが・・)

大震災が起きて、日本は変ったのだろうかと考えても、答えはノーとしか思いつきません。
「もうこの国は駄目だろう」とは、小説「神秘」(白石一文著)の一節ですが、余命一年と宣告された主人公にこの国の未来を重ね合わせてみたい。(まだ読んでいる途中)
[PR]
by masagorotabi | 2014-10-05 21:25 | 落描き | Comments(0)
<< 閉口健氏 本を買う >>