<< 冒険と後悔 閉口健氏 >>

風の王国

「風の王国」(五木寛之著)を読む

昭和30年代まで、日本の山の中に戸籍にも載らずに暮らしていた人々がいました。
そのような人たちを山窩(サンカ)と呼んでいました。
その人たちの末裔というか、そういった集団のことを中心に物語は進んでいきます。

ごく最近まで、サンカのことは知りませんで、ちょっと調べてみたいなと思っています。
どこかロマンをかき立てられるような部分もあるけど、物事には裏と表があるように、ロマンだけでは割り切れないものもあるのだろうとは想像します。
そう考えないと、裏切られた〜と勝手に相手を責めることをしかねないからです。
[PR]
by masagorotabi | 2014-10-08 20:07 | 読書日記 | Comments(0)
<< 冒険と後悔 閉口健氏 >>