<< 神秘 風の王国 >>

冒険と後悔

ある小説を読んでいたら、オーストラリア(だったっけ?)のナースが、もうすぐ死が訪れるであろう人に、後悔をしたことについて聞いた内容が載っていました。
全部は載っておらず、ネットで検索したら出てきましたのでペーストしてみます。

『死ぬ前に後悔したくない20のこと』
1.他人がどう思うかなんて、気にしなければよかった。
2.もっと幸せを噛みしめて生きればよかった。
3.もっと他人のために尽くせばよかった。
4.あんなにくよくよ悩まなければよかった
5.もっと家族と一緒に時間を過ごせばよかった。
6.もっと人にやさしい言葉をかけてやればよかった。
7.そんなに心配しなければよかった。
8.もっと時間があったなら。
9.もっと冒険して、思い切って生きればよかった。
10.もっと自分を大切にすればよかった。
11.他人の言うことより、もっと自分の直観を信じればよかった。
12.もっと旅に出ておけばよかった。
13.あんなにがむしゃらに働かなければよかった。
14.一瞬一瞬をもっと大切に生きればよかった。
15.子供たちに好きなことをさせてやればよかった。
16.最後に言い争いなどしなければよかった。
17.自分の情熱に従えばよかった。
18.もっと自分に正直に人と接すればよかった。
19.あのとき、本音を言ってしまえばよかった。
20.なにかひとつでも目標を達成すればよかった。

死というものは恐ろしい感覚があるけれど、そこから導きだされるものもあるのだろう。
なぜ人は死を賭けて冒険をするのか?
その答えが、ここに記されているような気がします。
[PR]
by masagorotabi | 2014-10-09 19:17 | 雑想 | Comments(0)
<< 神秘 風の王国 >>