<< 落書き サンタ >>

暮しの手帖

「花森安治の仕事」(酒井寛著)を読む

花村安治とは、雑誌「暮しの手帖」を創刊した方です。

よく社員はどなられたと書かれていますが、社長の人には社員がしあわせで仕事をしているか、会社が危なくなったら自分の貯金は全て吐き出して社員を守れ、社員の仕事でやっかいなことが起きたら、まず君が出て行って謝れ、と指示したそうです。

半世紀もの間、広告のない雑誌を刊行できた理由が、少しだけ分かったような気がしました。
[PR]
by masagorotabi | 2014-12-16 20:02 | 読書日記 | Comments(0)
<< 落書き サンタ >>