<< ozu 落書き >>

豊かさについて

「何でも見てやろう」(小田実著)の中に、アメリカとイギリスの豊かさについての比較がありました。

50年前のアメリカは豊かだったのだろう。
いや、それ以前の太平洋戦争中のアメリカでさえ豊かだったのである。

現代はどうかというと、貧富の差、銃社会、高額医療と古き良きアメリカへと追いやられた感がある。
ある証券会社の社員の平均年収が7000万円と、光と陰がくっきりと表れた形になっている。

豊かさを感じる時はどんな時であろう?
冷暖房完備の部屋?財布にたんまりとお金?

もうみんな本当は知っているのであろう。
[PR]
by masagorotabi | 2015-01-17 19:53 | 雑想 | Comments(0)
<< ozu 落書き >>