<< ドストエスフキー氏 落書き >>

垂直の記憶

「垂直の記憶(岩と雪の7章)」(山野井泰史著)を読む

登山家というよりも、著者の人生観の方に興味がいってしまいます。

山に出会って、わき上がる感情をいつまでも持ち続け、山で死ぬことを覚悟している。
物欲も金銭欲もなく、ただ山のことを思い続けて生活をする。

本当に大切なもの大切なことを思い起こさせてくれる本でした。
[PR]
by masagorotabi | 2015-02-16 20:55 | 読書日記 | Comments(0)
<< ドストエスフキー氏 落書き >>