<< 人間とコンピュータ 日記 >>

岡本太郎

「岡本太郎の友情」(岡本敏子著)を読む

岡本太郎といえば辛辣の言葉で罵倒されても、なおそれをエネルギーにして芸術を残してきました。

先日、ラジオを聴いていたら「芸術は爆発だといっていた人がいましたが・・」と揶揄していた人がいて、あーこの人は岡本太郎が嫌いなんだろうなと思いましたが、ならば無視をすればいいものをそれも出来ずに嫉妬でのたうち回る事でしか自尊心を保つことが出来ないのかもしれません。

岡本太郎を知るには「今日の芸術」を読むのが手っ取り早いです。

名言をひとつ
自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ066.gif」(by岡本太郎)

岡本太郎の名言集を、いつもポケットに入れて持ち歩きたいものだ。
[PR]
by masagorotabi | 2015-03-19 20:05 | 読書日記 | Comments(0)
<< 人間とコンピュータ 日記 >>