<< ネットラジオ 図書館のwi-fi >>

生きづらさ

「生きづらさはどこから来るか(進化心理学で考える)」(石川幹人著)を読む

現代人は,1万年前とほとんど変わらないそうで、情報化社会、多様な社会で適応するのは難しく、生きづらさは当たり前であるそうです。

もともと多くの情報を処理する能力は人間には備わっていなくて、情報に埋まれるとあたふたし、人はどんどん多様化し、他人を理解するのは難しくなっていく。

これでは身も蓋もないという現実しかないかというとそうではなく、他人と比較して嫉妬するのをやめたり、好きなものを見つけ努力を楽しみに代えて、「動物の中で人間だけに許された,自分独自の環境づくりに挑戦してみましょう」と結んでいます。
[PR]
by masagorotabi | 2015-03-25 21:46 | 読書日記 | Comments(0)
<< ネットラジオ 図書館のwi-fi >>