<< 落書き 本を買う >>

落書き

d0163154_12213486.jpg


早朝、早すぎるほど目が覚めた時に、ラジオを付けたら作家の根深誠さんのインタビューを流れていました。

秋田で自然保護をされていて、ブナの森のことも話されていて、自然の奥深さを再認識されました。
ゼンマイなどの山菜を一家で採り、お金に代えると年間300万円の収入があったといいます。
なんでもお金になり、夢のあった時代だったという話が印象的でした。

ブナの1本が、どれだけの水を貯えているか忘れてしまいましたが、そういったものが山菜など山の幸を宿してくれるのであろう。
[PR]
by masagorotabi | 2015-09-26 19:20 | 落描き | Comments(0)
<< 落書き 本を買う >>