<< 武士道 天国旅行 >>

山村

「ニッポンの山村」(池内紀著)
「ヤマメの魔法」 (湯川豊著)を読む

前者には、日本各地の著者が歩いた山村が記されています。
私の住んでいる近い地域からは、埼玉県秩父市栃谷、飯能市風影(ふかげ)が載っていました。

どちらも陽当たりがよく、春に行けば花が咲き誇り、日本の古きよき景色を見ることができると思います。

後者には、東北での渓流釣りの話が記されています。
著者の本では「イワナの夏」が好きで、夏になると読み返したくなる本です。

両者に共通していることは、開発ということに否定的な部分をお持ちになっていて、そのことがどこか私の心をホッとさせます。
[PR]
by masagorotabi | 2015-10-06 20:24 | 読書日記 | Comments(0)
<< 武士道 天国旅行 >>