<< ソクラテス 落書き >>

王の闇

「王の闇」(沢木耕太郎著)を読む

大場政夫、瀬古利彦、輪島功一、前溝隆男、ジョー・フレージャー、栄光をつかみ取った人たちの闇という部分が語られています。(前溝隆男はちょっと違うかな)

外から見ると羨ましいかぎりの成功者に見えますが、それをつかみ取るまでの努力や葛藤など人間臭い部分が我々と変わらない闇(悩み)を抱えていたのだなあと思います。

ユーチューブで彼等の動画を見つつ、現代はここまで闘志を持って闘うことはないのだろうなと思いました。
それがいいのか悪いのか、分かりませんが・・
[PR]
by masagorotabi | 2016-01-09 19:46 | 読書日記 | Comments(0)
<< ソクラテス 落書き >>