<< 徒然草方丈記 「世界を騙しつづける科学者たち... >>

「世の中にひとこと」を読んで

「世の中にひとこと」(池内紀著)を読む

エッセイ集です。
こういった批評精神を持ちたいものだと思います。

宅急便の父、故小倉昌男氏のことが書かれてありました。
宅急便のおかげで私たちの生活は豊かになり、名誉やお金には欲望がなく、私財46億円を障害者自立支援に使いました。

こういう人になれないから、私たちはこういう人に憧れ敬服する。
昔の人は、こういう時に爪の垢を煎じて飲めと言ったが、そうするしかないのだ。
[PR]
by masagorotabi | 2016-04-03 20:09 | 読書日記 | Comments(0)
<< 徒然草方丈記 「世界を騙しつづける科学者たち... >>