<< ポーカー・フェース 徒然草方丈記 >>

皇后様の読書

以前読んだ本の中に、皇后様の講演の内容が載っていました。

本の中には、さまざまな悲しみが描かれており、私が、自分以外の人がどれほどに深くものを感じ、どれだけ多く傷ついているかを気づかされたのは、本を読むことによってでした

本の中で人生の悲しみを知ることは、自分の人生に幾ばくかの厚みを加え、他者への思いを深めますが、本の中で、過去現在の作家の創作の源となった喜びに触れることは、読むものに生きる喜びを与え、失意の時に生きようとする希望を取り戻させ、再び飛翔する翼をととのえさせます

悲しみの多いこの世を子供が生き続けるためには、悲しみに耐える心が養われると共に、喜びを敏感に感じ取る心、又、喜びに向かって伸びようとする心が養われることが大切だと思います
[PR]
by masagorotabi | 2016-04-15 19:58 | 日記 | Comments(0)
<< ポーカー・フェース 徒然草方丈記 >>