<< kobo壊れる 聖徳太子 >>

「文房具56話」を読んで

「文房具56話」(串田孫一著)を読む

著者の本は、他に「山のパンセ」を読んでいますが、こうした本も書かれていたとは知りませんでした。

文房具店に見かけたら、入らずにはいられず、文房具とは文化を創る道具と説かれます。

輪ゴムがありますが、あれは自転車チューブを輪切りにして作られたとありました。
何気に使っている輪ゴムですが、歴史ありですね。

私も文房具が好きですが、文房具で自分の生活を文化的にしたいなあと思います。
[PR]
by masagorotabi | 2016-05-05 21:30 | 読書日記 | Comments(0)
<< kobo壊れる 聖徳太子 >>