<< レイルウェイ 運命の旅路 落書き >>

慰安婦問題

「よくわかる慰安婦問題」(西岡力著)を読む

強制連行があったかどうか問題とされていますが、あったという証明されるものはなく、元慰安婦の方々の証言しかたよるものがないそうです。

拘束されているわけでもなく金銭の授受もあるわけですから、戦後まであった赤線という感じで存在していたのであろうか・・・

家が貧乏でやむなく自分の子供を売る(?)という行為を強制連行とするならば、売られた方々からすればそういった解釈もなされると思います。

この本を読む限り性奴隷という解釈は違うのではと思いました。
[PR]
by masagorotabi | 2016-07-01 19:46 | 読書日記 | Comments(0)
<< レイルウェイ 運命の旅路 落書き >>