<< 女装 嫉妬 >>

活動家

「活動家一丁上がり!(社会にモノ言う初めの一歩)」(湯浅誠著)を読む

活動家というと、ちょっと不穏なことを思い浮かべるかもしれませんが、弱い立場の人たちにとっては、そういった人たちが必要な時があります。

先日、夜中に目が覚めてしまってラジオをつけたところ、南方熊楠のことを話されていました。
柳田国男から「日本人の可能性の極限」と言わしめた男でした。

小さな神社やお寺が潰されていた時代があったのですが、その時に熊楠は立ち上がりました。
日本で初めてエコロジーという言葉を使い、森の大事さをひとりで訴え続けました。

活動家としての走りだったのかもしれませんが、そのような人がいないとブレーキの利かない機関車のように、世の中の空気は突き進んでしまうのであろう。
[PR]
by masagorotabi | 2016-10-28 20:10 | 読書日記 | Comments(0)
<< 女装 嫉妬 >>