<< 知の逆転 食育 >>

人に伝えられないこと

雑誌「ブルータス」を図書館で借りてきました。
「こんにちは、星野道夫。心を満たす、極北の物語。」という特集のもので、またこの号を買いそびれてしまったなあ。

この中に、養老孟司さんの文章に心ひかれるものがありまして、「人に伝えられないこと」に人生の意味があるのか「人に伝えられること」に人生の意味があるのか、という問いがありました。

星野道夫の文章や極北の写真は、「人に伝えられない」ことを表現しようとし、それを創造性と定義しています。
だから、亡くなって20年経っても読み継がれてきたのだろうし、生きるということは、こういうことなのだろう。
[PR]
by masagorotabi | 2016-11-10 22:24 | 読書日記 | Comments(0)
<< 知の逆転 食育 >>