<< 縫う 俳優 >>

終末の思想

「終末の思想」(野坂昭如著)を読む

日本はお先真っ暗と嘆いています。

戦後、アメリカの食料戦略に踊らされ、日本だけがアメリカの言いなりになって自給率を下げさせられる。

震災の時は、映像を見て今後の日本はどのようになってしまうのかと憂いても、時間が経てばそのことさえも忘れてしまう。

金やモノに囚われ、人間としての尊厳も忘れてしまったかのような日本人を大いに嘆いています。
[PR]
by masagorotabi | 2017-01-29 20:57 | 読書日記 | Comments(0)
<< 縫う 俳優 >>