<< 贖罪 日記帳 >>

演劇

d0163154_22113228.jpg


青空文庫で現代演劇の父といわれる岸田国士(きしだくにお)のエッセイをたまに読むことがある。

歌舞伎や人形浄瑠璃など、古来から日本人はそういったことを好んで来たけれど、我々の生活もまた誰かに演じさせられていると考えられたら面白いのではと思ったりもする。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-25 22:15 | 日記 | Comments(0)
<< 贖罪 日記帳 >>