<< 東京の昔 仮釈放 >>

教養

「まもとな人」(養老孟司著)を読む

「ひとの心がわかるのが教養」という文章がありました。

「アンダーグラウンド」(村上春樹著)の文書も引用されていて、オウム事件の時に関わった人たちのインタビューが載っている本ですが、その中の駅員の話で、こうした事件が起こる予兆みたいなものを感じるかという質問に、掃除をしている最中に煙草の吸い殻を捨てる人たちを指して、びっくりするようなことではなかったと話されていたといいます。

社会の空気がオウムのような事件を引き起こしてしまうのなら、人ひとりが教養を身につけることが第一なのだろう。
[PR]
by masagorotabi | 2017-03-08 20:45 | 読書日記 | Comments(0)
<< 東京の昔 仮釈放 >>